50tクレーン タイヤチェーン装着 / 山間部※雪道

栃木県 N市 山間部にて

【 太陽光電気設備 搬入据付工事 】を承りました

 

◎PCS(パワーコンディショナー)5.0t 10台

・50tクレーン使用

 


 

今回も先月に引き続き、工事内容から少し脱線した話になります。

ラフタークレーンを頻繁に使用する重量鳶をしていても

なかなかお目にかかれない レア な内容です (笑)

 

4月に入り東京では桜の見ごろも過ぎた頃、山間部ではいまだに降雪があり

5月に入りようやく解除される規制道路もあります。

今回はそんな限界積雪地帯での『クレーン チェーン装着』にまつわるブログをアップいたします。

 

 

まずはクレーンのアウトリガーにてタイヤを浮かせます。

 

 

ケーブルチェーン

ケーブルチェーン

 

 

次に適当にチェーンをタイヤへ被せ正面側をつないでいきます。

ケーブルチェーンはとても軽いため一人でも簡単に扱えます。

 

 

続いてタイヤ内側へもぐり裏側もワイヤーでチェーンをつないでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に正面ゴムバンドを内によせて固定。

 

 

全体をチェックしてすべて留まれば無事完成です!

 

 

 

 

この季節にこの雪には驚きでしたが、おかげで良いものが見れました (笑)

クレーン車はスタッドレスタイヤを履かないので大変ですよね・・・

「ちょっと行ったら、すぐチェーン外すようだよ~」

とオペさんは捨て台詞を残して帰りました。

現場から少し離れると雪が積もっていないそうです (笑)

 

雪に限らず悪天候は運転に支障が出ますので、これからも安全運転を心がけて

仕事に臨みたいと思います。

ありがとうございました。

 


 

重量鳶 word

山間部 雪 50tクレーン アウトリガー チェーン 安全運転

太陽光 PCS